旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

対位法レッスンの目安

現在、オンライン・レッスンでは対位法の生徒さんが殆どです。対位法レッスンを受けたいという方が非常に多く、今月も4〜5人、生徒さんが増えています。。それで、大まかな対位法レッスンの進み具合の目安ですが、月2回のレッスンで約1年後に簡単な二声体インヴェンションが作れる感じです。まあ、個人差もあるので、絶対ではありませんが、2年目に突入すると、三声体、四声体、高度な模倣を学びます。和声学と対位法は良く比較さ...

ピアノ・シンメトリカル運指練習

両手の親指をレに置くと、鍵盤のレイアウトが左右対称な構造になっていることに気がつきます。そこに着目した「シンメトリカル運指練習」ぜひ皆さん、お試しください。...

YouTube音楽レッスン「藤巻メソッド additional content」

長いこと放置していたYouTubeのチャンネルをアクティブに使っていこうと思います。チャンネル名「藤巻メソッド additional content」とし、皆さんが楽しんでいただけるコンテンツ制作を目指します。ご登録よろしくお願い致します。オンライン・レッスン 耳コピ課題 ピアノ・シンメトリカル練習法...

簡単に弾けるカノン

簡単に弾けるカノンです。是非お試しください。シンメトリカル運指練習でカノンを作ってます。右手も左手も特定の5音だけを使って弾けるので、とても簡単なカノンです。右手で弾いたフレーズを、左手が2拍おくれて5度下で追いかけます。こんなんでもバッハっぽい匂いがするのが、面白いですよね。 pic.twitter.com/2irnajm8Jk— 前略 ヒロシマン [藤巻 浩] (@macky164) 2017年8月1日さきほどのカノンの骨組みは、こうなってい...

オンライン・レッスン 空き枠の状況

(↑クリックで大きく開きます)実際の状況に関しましては、お気軽にメールでお尋ねください。以下のURLより、よろしくお願い致します。お問い合わせはこちらから...

オンライン・レッスン 耳コピ課題

オンライン・レッスンの耳コピ課題の1つです。8小節の短い曲で、メロディ、コード、ベースを採譜するという課題(音高に関する聴音課題なのでドラムは書かなくてOK)。後半8小節は、コードを分散和音で弾いて、聞き取りやすくしています。https://t.co/Olq7NlH1jG pic.twitter.com/tL6uDbux6N— ヒロシマン [藤巻 浩] (@macky164) 2017年5月26日...

対位法は難しくない?!

対位法のレッスンでは2〜3ヶ月で、これくらいのことができるようになります。Ex-1は与えられた主旋律です。対位法で主旋律に対する対旋律を考えます。Ex-2のように音程に注意しながら下声(対旋律)を付けます。Ex-3のように、さらに細かな動きを取り入れると、このように仕上がります。 pic.twitter.com/NOVHTPLlez— ヒロシマン [藤巻 浩] (@macky164) 2017年3月4日対位法は決して難しいものでなく、このように段階を経て、フ...

オンライン・レッスン順調に進めています

昨年6月にオンライン・レッスンを始めて半年が経過しました。生徒さんは少しずつ増え、20名を超えました。今年から小学生の生徒さんもみる予定です。当方は、皆さんご存知のとおり「藤巻メソッド」という音楽理論書を6冊リリースしています。音声番組が付いているので、他の本よりは理解しやすいと思うのですが、それでも、読者さんの知りたい情報が不足していたりするようで、オンライン・レッスンを便利に使って頂ければと思いま...

Yuutube動画による音楽レッスン

Youtube音楽レッスンのテスト動画を撮影し始めました。新しいことを始めるのは難しいけど、楽しさもある!!頑張ります!! pic.twitter.com/qWDgl7owHD— 藤巻 浩 [コード作曲法] (@macky164) 2016年8月29日...

対位法のオンライン・レッスン

対位法、初歩の学習では、このような主旋律に対して、対旋律をつけます。-5→3、+4→6などのドミナントの音程によって、音の動きが決まってしまうので、答えはそれほど多くはできません。なぜなら「美しく魅力的であること」を目指すから。 pic.twitter.com/872pqcRZXM— 藤巻 浩 [コード作曲法] (@macky164) 2016年8月25日対位法を学ぶことは、良い音の動きを学ぶことに繋がります。少しのことを知るだけで劇的に音の動きを改...

SNSで「曲を聴いてください」という方がいらっしゃいますが、

TwitterやFacebookで「自作曲を聴いて下さい」という方がいらっしゃいます。もちろん私は「どうぞどうぞ、お聴かせ下さい」といって聴かせて頂きます。そして、気になった点をアドバイスします。「ありがとうございました!」って、もちろん言われますが、この後が問題で。アドバイスに基づいて、修正しないのかな?聴いてもらって安心しちゃうんでしょうか?きちんと修正しないと成長しないと思うのですが。直したのかどうなのか...

オンライン・レッスン

オンライン・レッスンをご希望の方は、...

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索