旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

モンサンミッシェル vol11 騎士の間

Vol [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]

引き続き、中間階にいます。

ポルトガル・リスボンからフランス・パリへ ぜひ「ダイジェスト」からご覧下さい。



大きな車輪の部屋から移動して、



今ちょうどテラスの下にいる感じです。



つづきはこちら↓です。

ステファヌスのチャペル

















遊歩場








壁なのか石組なのか、間の子のような状態です。















騎士の間
「列柱を支えるために建設」されたそうです。「列柱を支えるため」っと言うことは
エジプトなどの古代遺跡のように剥き出しの柱だったのかもしれませんね。
ローマなどにも、屋根を支えるような感じではなく残っている石柱があります。
コニンブリガもそうで、屋根を支えるには柱の大きさがチグハグです。





この柱を自分が作るとしたら、まず同じ大きさの円柱の材料を作りますが、
全部違うところに白いラインが入っています。よほど面倒な作り方をしています。
一本一本、違うサイズのパーツの組み合わせの柱です。
これが疑問、何のためにこんな面倒な作り方をわざわざしているのか?

パエストゥムの柱も一本一本違う表情をしています。
これも↑サイズの異なる巨石パーツを組み合わせています。

司祭館
土産物のスペースになってます。やっぱり屋根は後付けっぽい???


ミカエルがいました。


モンサンミッシェルのトップにある黄金像のレプリカだそうです。
悪ドラゴンを退治しています。

ようやく内部が終わりましたので、これからランチをしたり海を散策してみます。

muito obrigado

フランスの子供達との出逢い






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/116-cb8f882b

0件のトラックバック

4件のコメント

[C249]

こんばんは。^^

チャペルは、やはり神聖な雰囲気がありますね。

騎士の間の柱の、白いラインは、各パーツだったの
ですね!ホント、面白い作り方と手間ですね。
何か意味があったのかなぁ。

パエストゥムの記事もチラと拝見しましたが、
神殿の中の神殿(笑)、という感じですね。
自分が、「神殿」と言われて真っ先に想像する神殿です。
(なんか変な表現になりました・笑)(≧m≦)

大天使ミカエルの像も見られて大満足です!^^

[C250] ===マンゴプリンさん===

チャペル、そうですね、ちょっと小さく可愛い部屋でした。
白いラインが漆喰みたいなものだと思うんです。変ですよねー。

パエストゥムはもう巨大過ぎで、おっしゃる通り、所謂「神殿」って
感じで迫力ありました。屋根もあったのか、なかったのか、学者さんの
想像で描かれた絵はあったりしますが、17世紀、18世紀の絵画では、
今と同じく屋根はありません。これも疑問のひとつです。
きっと何か秘密が隠されているに違いありません!!(←ホント?)

悪者を倒すミカエル像は勇ましかったですよ!

[C251]

はじめまして☆

モンサンミッシェルいいですね、懐かしいです。
4年前に行ったのですが、とても感動しました。
こんなに色々と細部の写真を撮っていないので、
改めて勉強にもなりました!

またおじゃまさせてくださいね。
  • 2008-09-03
  • ひろりん。
  • URL
  • 編集

[C252] ===ひろりんさん===

4年前だと、まだ水位があったでしょうか。
年々、海に浮かぶ姿が見られなくなっているみたいですね。
写真をたくさん撮ったつもりでいたのですが、
ここの一枚が足りない!? 、なーんて感じで、
はしゃぎ過ぎて撮り忘れてるとこもあります。。。
またぜひお気軽にお立ち寄り下さい!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索