旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/141-173f21a0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C382] Hiroshiさんへ

何だかハードな山旅してますね・・時間に余裕を持って山を楽しんで下さい。余計なお世話とは思いますが、お願い致します。

[C383] ===Shigeさんへ===

お声がけ、ありがとうございます。なんだかスタートが
せわしなくなってしまいましたが、千代の吹上げの手前まで
一度行ってますので、大丈夫と思いました。
おそらく、僕のような初心者は、この慣れて来た辺りが危険に
遭遇しそうですよね。Shigeさんの言葉を忘れずに慎重に、
山旅を楽しみたいと思います。本当にありがとうございます!


コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

瑞牆山荘から大日岩、千代の吹上げ、金峰山・五丈岩へ vol1

10/4 昨日は"晴れる"と言うことで、AM2:30に起床、
30分で支度を済ませ、山梨の紅葉を見に日帰り登山します。
睡眠とったのは2時間だけですが、熟睡できました。

南アルプス 仙丈ヶ岳に登ろうと思います。


マイカー規制があるため、芦安の市営駐車場へ車を停め、
そこからバスで北沢峠の登山道へ向かいます。


駐車場へ着いたのが5:30です。「バスが5:40に出ますから急いでください!」
っと駐車場のお兄さん。慌てて準備してバス停へ向かうと、
「人が多過ぎて乗れません、申し訳ありません。次のバスは7:40です」っと。
いつもより7台も増やしているそうですが、如何せん人が多すぎるということでした。
説明しているバス会社のおじさんに「遠くから来てるんだからなんとかしろよ!」
なんて暴言を吐く男性がいたり、きちんと並んでいるのに横入りする人もいたりで、
人間の浅ましさを垣間みて、残念。どうやら暴言男と横入り男はお仲間のご様子。。



バス会社の人に仙丈ヶ岳へ7:40に出て日帰りできるか尋ねると、無理だろうと。。。
芦安から北沢峠まで1時間かかるそうです。なので、山を変えることにしました。








芦安市営駐車場のお兄さんに「どこか別の良い所ありますか?」と尋ねると、
平林へ行くと景色が良いっと言うので、ナビに設定しましたが間違っていたようで、
町の中に出ました。笑


もう7時過ぎ、瑞垣山ならここから40km、余裕で登れますね。
向かってみます。


メンヒル発見!モアイ?


国道141号 クリスタルライン(増富ラジウムライン)で瑞牆山荘へ








この辺りは日本の原風景ですね。ワイエスの絵画を思い出します。











走り易いルートです。いつもは乙女高原を抜けて瑞牆山荘へ向かっていました。
クリスタルライン反対側ルートですが、道幅が狭くて対向車来たらどうしようって
思いながらの山道の運転はとても疲れます。増富ラジウムラインは広くて快適です。


登山シーズンはJR韮崎駅から瑞牆山荘へ山梨峡北交通バスも出ています。





8:20 駐車場へ到着
紅葉シーズンの土日ですが、満車率70%という感じです。
大弛峠の駐車場は、今ごろ満車率120%でしょうね。


瑞牆山荘 (標高1515m)
この瑞牆山荘から、この道を少し戻ったところが駐車場です。
登山道入口はこの写真右手になります。





現時刻8:25 瑞牆山だと11:15、金峰山だと12:35、
瑞牆山は5月に登ってますので、金峰山が魅力的。千代の吹上げを通ってみたいです。





とりあえず富士見平を目指します。


muito obrigado  にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ banner_03


金峰山登山 vol2 大日岩へ






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/141-173f21a0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C382] Hiroshiさんへ

何だかハードな山旅してますね・・時間に余裕を持って山を楽しんで下さい。余計なお世話とは思いますが、お願い致します。

[C383] ===Shigeさんへ===

お声がけ、ありがとうございます。なんだかスタートが
せわしなくなってしまいましたが、千代の吹上げの手前まで
一度行ってますので、大丈夫と思いました。
おそらく、僕のような初心者は、この慣れて来た辺りが危険に
遭遇しそうですよね。Shigeさんの言葉を忘れずに慎重に、
山旅を楽しみたいと思います。本当にありがとうございます!


コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。