旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/146-67ca76b3

-件のトラックバック

-件のコメント

[C400]

今日は岩の不思議に釘付け(#^.^#)
みんな自然にできたものだろうか。
亀に似たり、最中に似たり、
木の根っこも同化してるように見えるのがあった。
綺麗な岩肌をして、ほとんどが丸みを帯びているから、
やさしい自然の顔をしているね。
  • 2008-10-14
  • お散歩大好き!歩でーす ^ ^v
  • URL
  • 編集

[C401] 頂上から見る景色は

又一段と雄大でステキですね。。

駒ケ岳の麓で育った私はこんな景色を見ると
郷愁にかられます^^

登山しながらのお写真は大変だったと思いますが
こうして見させていただく私はとても幸せです。。
ありがとうございました。

[C402] ===歩さん===

ホントに不思議な岩ですよね。

これだけ表情豊かだと、意思をもってこの形を表現している
ような気がします。

[C403] ===F*さん===

千畳敷カールですか!
自分は山も海もない場所で育ったもので、羨ましいです。

郷愁的な忘れられない景色、良いですね。
いつか山か海のそばで暮らしたいなあと思っています。
こちらこそ嬉しいコメントをありがとうございます!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

瑞牆山荘から大日岩、千代の吹上げ、金峰山・五丈岩へ vol5

12:45 瑞牆山荘へ戻ります。














[タビノオト] 朝日岳・金峰山 小鳥





13:25 千代の吹き上げ→砂払いの頭 まで下りだと40分


14:00 大日岩まで戻りました。少し登ってみます。








金峰山、瑞牆山が見渡せます。




















瑞牆山





隣の岩山はなんて名前なんでしょうね?


あの岩山は弟?


あともう一段で頂上





手をかける場所はハッキリしてますが、体制が難しい。。





さよなら大日岩。また来年。











朝に水を汲んだ水場です。


こんこんと岩肌から染み出す水


山が奇麗にした水はホント美味しくてミネラル豊富。

















16:00 瑞牆山荘へ到着 お疲れさまでした。





今日は増富温泉へ寄ってみます。





入浴料700円。茶褐色の源泉は35度、何時間も入ってられるほどヌルく、
浮遊物は花崗岩の成分だそうです。ジャグジーなども充実してました。
現地のミネラル水道水を使用した熱いお湯が、登山後の身体には気持ちよかったです。

お土産も色々、農産物販売所もあります。「こんにゃくラーメン」と言うのを
買ってみましたが、ちょっと微妙でした。。。笑




2008年 秋の金峰山 終わりです。
最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/146-67ca76b3

0件のトラックバック

4件のコメント

[C400]

今日は岩の不思議に釘付け(#^.^#)
みんな自然にできたものだろうか。
亀に似たり、最中に似たり、
木の根っこも同化してるように見えるのがあった。
綺麗な岩肌をして、ほとんどが丸みを帯びているから、
やさしい自然の顔をしているね。
  • 2008-10-14
  • お散歩大好き!歩でーす ^ ^v
  • URL
  • 編集

[C401] 頂上から見る景色は

又一段と雄大でステキですね。。

駒ケ岳の麓で育った私はこんな景色を見ると
郷愁にかられます^^

登山しながらのお写真は大変だったと思いますが
こうして見させていただく私はとても幸せです。。
ありがとうございました。

[C402] ===歩さん===

ホントに不思議な岩ですよね。

これだけ表情豊かだと、意思をもってこの形を表現している
ような気がします。

[C403] ===F*さん===

千畳敷カールですか!
自分は山も海もない場所で育ったもので、羨ましいです。

郷愁的な忘れられない景色、良いですね。
いつか山か海のそばで暮らしたいなあと思っています。
こちらこそ嬉しいコメントをありがとうございます!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。