旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

Pennac夫妻に会いに ポントワーズへ

モンサンミッシェルからパリまで戻って来ています。

ポルトガル・リスボンからフランス・パリへ抜ける旅
ぜひ「ダイジェスト」からご覧下さい。


3/15 今日はポントワーズに住むPennac夫妻のお宅へ遊びにいきます。


今から10年前のこと。
Esposaがパリ発マドリード行きの飛行機の中でお二人と出会い、
たった1時間のフライトでしたが隣席同士で盛り上がったそうです。
住所を交換して別れ、なんと10年間、手紙で連絡をとり続けていたそうです。


モンパルナス駅前のメリーゴーランド


お父さんがわざわざ宿まで迎えに来てくれました。はじめまして、アンシャンテ!

タクシーでGARE DE NORDまで移動。
お父さん、なんと僕らの切符まで用意して下さってました。しかも一日フリーパスの切符!





ポントワーズへ到着


お母さん、アンシャンテ!
Esposaは熱烈な歓迎を受けて顔中にbisouされてます。。。
娘のように思ってくれていますね。

「あなたたち、どこ泊まってるの?」
「今度くる時は絶対ウチに泊まりなさい、他の所に泊まっては絶対ダメよ」
なんて優しい言葉をかけてくれます。
お父さんはフランス人、お母さんはスペイン人です。
なので、たびたびマラガでヴァカンスを過ごすそうです。

ベランダからの素敵な風景


メンヒル?


ポントワーズ城が見えます。


お城を見ながらの食事とは贅沢、お父さんの好きなSWING JAZZがかかっています。
「ここのサックスのソロは誰々だ」とか詳し過ぎてついていけません。。。


お母さんはとても細やかな気配りで、僕らが楽しめているか
気遣っているのが分かります。


町の映画館 CINEMA UTOPIA





お母さんの手料理 優しさ溢れるお料理でした。

蟹のマヨネーズ和え


チコリとハムのサラダ チコリ食べたの久しぶり。


バスク風チキン料理 つい酔っぱらってギターを手にしてます。。。


チーズの種類と量がスゴかったです。僕らが買う量の何倍も。可愛いプチフール。

心のこもったフランスの家庭料理 おいしく頂きました。

お父さんは心臓が悪いようでペースメーカーを入れていると。
なのに、わざわざ宿まで迎えに来て下さる優しさには胸を打たれます。

列車に乗る直前まで、お母さんは僕に腕組みしてくれてました。

なんて優しく可愛いお二人。こんなふうに年を重ねて生きたいです。
「いつでも此処へ泊まっていいのだから、絶対またすぐ来なさいね」
Merci, madame et monsieur.

muito obrigado  にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ banner_03



サクレクール寺院へ



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/147-90b99981

0件のトラックバック

8件のコメント

[C391]

好いですね。実に心温まる人と人の交流ですね。西洋人は、落ち着いていますよ。落ち着いて、良く相手の人品を見ています。気に入ってくれると、手放しの歓待をしてくれますね。日本人への眼差しの中に、自分達の仲間との親近感を持ってくれて居ると思いますよ。ガラスの眼を外して、素直に一歩踏み出せば、人種・肌の色は違っても、分かり合える感情が交差し合うものです。お互い、素晴らしい物を感じ合って、気持ちの通じる共通項が在ったのでしょう。拍手です。
  • 2008-10-10
  • アガタ・リョウ
  • URL
  • 編集

[C392] ご無沙汰してました。

Hiroshiさん、こんばんは、
ほんと、カメラをどこへ向けても絵になるような素的なところですね?
ボクも、こんな旅がしてみたいです。
今の仕事をしていたら無理かな??
  • 2008-10-11
  • starlight
  • URL
  • 編集

[C393]

拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!

[C394]

本当にやさしいですね。
長い人生を積み重ねてきたからでしょうか、
友達だと確信したからでしょうか(*^_^*)
敵意剥き出しの人たちにも会ったことがある。
勿論こっちから敵意は無いと表示すれば、
友達にはなれるけど、最初に気分が悪い。
アジア人ならまずは友好的に接してから、
見極めるので、逆ですよね。
  • 2008-10-11
  • お散歩大好き!歩でーす ^ ^v
  • URL
  • 編集

[C395] ===リョウさん===

>手放しの歓待
ホントにそう思います。富裕層でないフランス人は、
屈託のない笑顔で接してくれる感じがします。
反セクト法も、キリスト教どっぷりのヨーロッパ社会に
おいては、なかなか斬新な姿勢で好感が持てます。

古いしがらみを捨て去らない限り、新しい世界は見えてこないと
感じます。




[C396] ===starlightさん===

>今の仕事をしていたら無理かな??
わかります。。自分も3ヶ月後に生きていられるか、
予想を立てて旅に出かけてます。仕事を休んだ月は収入無いですから、
翌々月の生活に響いてきます。。だけどなんとか生き延びています。笑
人生なんとかなるもんです。

[C397] ===サトシさん===

見て下さいまして、ありがとうございます。
また応援もサンキュウです!

[C398] ===歩さん===

>敵意剥き出しの人たち
それは嫌ですね。早々に退散してしまいましょう。
>アジア人ならまずは友好的に接してから
なるほど~、そうかもしれませんね。
日本人は比較的に優しいので自己主張の強い国での滞在は、
損をすることが多いかもですね。

ピンチに遭遇した時ほど、リラックス、笑う余裕を持ちたいものです。
↑これ、なかなか難しいです。。。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索