旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

Conimbriga 見事なモザイクが残る [タビノオト] Condeixaのレストラン

3/09 コインブラ駅の時計は止まったまま。。あまり直そうという気がないみたいで、
カステロブランコ行きのバスの時計も狂っていました。
つい寝てしまうと、起きた時に乗り過ごしたのか!?と、慌てます。

今日の予定は、コニンブリガ遺跡を見に行って、またここへ戻ってきて、
SUD EXPRESSでバスクへ向かう予定です。

コニンブリガ遺跡へは駅前からバスが出ています。30~40分くらい。





コニンブリガ遺跡 [コニンブリガ遺跡 地図]
考古学博物館が併設され、石像や土器などの展示があります。





コニンブリガ遺跡 入り口 真っすぐな道がローマ街道と名付けられています。


早速にモザイクが、
[コニンブリガ遺跡 地図] [1] House of the fountains





[コニンブリガ遺跡 地図] [2] House of the swastika








[コニンブリガ遺跡 地図] [3] House of the skeletons


モザイクの状態は非常に良い感じです。


これは何でしょうね?50~60センチのアーチ状です。





Minha alma canta





カンタベルの館 [コニンブリガ遺跡 地図] [6] House of the Cantaber
石柱はイタリアなどに比べ小さいですが、たくさん残っています。


高さ50~60センチのアーチ構造がいくつも。釜戸ではないし不思議。
大人の人間が通るにはサイズが小さく、コロボックルのような小人の町だったのかな?


今の人類は全くの迷子と言えます。古代の遺跡を実際にこの目でみて、
かつて何が起こったのか、肌で感じた解釈をしていきたいです。

排水システムは整備されていたようです。


唯一の大きなアーチ。








[コニンブリガ遺跡 地図] [8] Thermae at the aqueduct


この先は別に何もないですが、


なんか好きな風景。


小さい遺跡と聞いていましたが、全部見るのには2~3時間はかかります。
考古学博物館も見たらもっと時間が要ります。


時間的に遺跡からバスがないので、コンデイシャという隣町へ歩きます。
そこからバスかタクシーでコインブラへ戻れます。


あの自転車のお父さんに、先ほど道を尋ねました。なぜか僕らを抜きさって、


自転車を降りて待っているんですね。この先のロータリーが解りづらいから、
わざわざ先回りして教えようと、めちゃめちゃ優しいですね。
自分もそうありたい、学ぶことが多い旅でした。





30分くらい歩いたかな? Condeixa a Novaに着きました。ランチをしましょう。


Vinho Verdeはポルトガル独自のワインです。
Verdeには「緑」、そして「若い」という意味があります。


Arroz de Polvo(タコのリゾット)頼みました。
ヨーロッパではタコは悪魔の化身と考えられ、食べない国もあるようです。


おばあちゃんとお孫さんがランチなんて、ちょっと素敵ですね。

[タビノオト] Condeixaのレストラン





コインブラに戻りました。タクシーで15ユーロでした。
コインブラの水道橋。





コインブラの隣駅「コインブラB」からスペイン行きの寝台列車が出ています。
SUD EXPRESS これでスペイン・バスク地方へと向かいます。



夢の寝台列車SUD EXPRESSへ






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/27-262db947

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索