旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

バスク地方 サン・セバスチャンへ [タビノオト] 市場の風景

3/10 スペイン・バスク地方 サンセバスチャンへ [サンセバスチャンの地図]
やっとパリまで半分のところまで来ました。

バスク地方はスペインとフランスへまたがっています。
スペイン・バスクと言えばピンチョス、林檎のお酒シードルが発祥の地。
フランス・バスクはリネン製品が有名で、明日はフランスへ移動します。

駅のすぐ隣のホテルが朝4時半にチェックインできたので、少し休んでから街の散策へ。


[タビノオト] サン・セバスチャンの朝






さて、まずはマルシェ(市場)へ向かいます。


この地下です。














豊かな食文化を感じさせます。

[タビノオト] サン・セバスチャンの市場








このお店で買うことに決めました。感じの良い旦那さんがいます。





チーズも豊富


ハモン・セラーノ、ハモン・ベジョータ


イベリコのチョリソーを試食させてもらいました。これ最高!


結局、1キロほど買い込んでお土産に、笑。


洗練された都会的な街並です。





クジのお店。盛んみたいですね。


ピンチョス横町へ来ました。ピンチョス屋さんの看板がズラリ。
一件目の「EGOSARI」へ入ってみます。


見た目がカラフルで、どれも食べたくなります。とりあえず2つずつで。
左上のは、ポルトガルでダメだったバカリャウ(干しダラ)ですが、ここのは最高!
美味しいバカリャウもあるのかと、料理の仕方次第ですね。





ひとつ2.5ユーロ程度。一口サイズで400円、まあイイ値段がついてます。
でも、またサン・セバスチャンに来るなら、もう一度寄りたい美味さ!





2件目のピンチョス屋さん。


ここも色々あって、目移りしますよ。。


おお!床が汚いのは、わざとなんですね。床の汚れた店ほど美味しい、という証拠。
文化の違いって面白いですね。





ここのワイン、もの凄く美味しかった。ラベル見せてもらえばよかった。


つみれのようなピンチョスもあります。もうお腹いっぱい。。


広場がありました。








教会も大きいのがあって、イタリアのようなちょっと怖い感じの装飾。
てっぺんにヴァチカンの紋章のようなのが見えます。





どのお店も奇麗にウインドウを飾っていました。








海が見えて来ましたね。まだサン・セバスチャンが続きます。


サンセバスチャン2へ









スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/29-745f937d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索