旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

[ 属音 ]が影の支配者

最近、ずっと考えていたことを書いてみます。

ハ長調において、主音[ド]より立場が強いと考えられる音があります。
それは主音の五度上に存在する属音[ソ]です。
ハ長調の7つのコード = CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bφ
のいずれのコードにおいても、属音[ソ]はコード構成音もしくはテンションとして
含まれます。

主音[ド]はドミナントのコード(G7など)に含まれる[シ]とぶつかり、
下属音[ファ]はトニックのコード(CM7やAm7)に含まれる[ミ]とぶつかってしまいます。
(↑唯一の減五度音程を成す[シ~ファ]と[ド・ミ]はぶつかります。
[シ~ファ]は[ド・ミ]に解決したいわけですから、混在するのが難しいです)

なので最も万能なのが属音[ソ]であり、ストリングスを白玉で伸ばす時など重宝します。

また、ドレミファソラシを使うだけで曲ができてしまうわけですが、
その7つの音のうちファを除いた[ドレミソラシ]
この6つの音であれば、メロディやソロなどをコードをさほど気にせずに使用できます。
では、なぜ自由に使えるのか、理由を考えていたら面白い法則を発見しました。

下の表は以前の連載で示したものですが、[ド]を主音として、右側に行くと属音の属音を辿り、
左側に行くと下属音の下属音を辿る表になっています。


調号

主音から属音を辿って行くと、
主音[ド]→[ソ]→[レ]→[ラ]→[ミ]→[シ]         
という具合に上記6つの音が出現します。
このソ・レ・ラ・ミ・シの音はいずれもハ長調の7つのコードにとって
コード構成音もしくはテンションに収まります。

反対に下属音を辿ると、
主音[ド]→[ファ]→[シ♭]→[ミ♭]→[ラ♭]→[レ♭]→[ソ♭]
このようになります。[ファ]を除いた音は全て黒鍵であり、
白鍵だけで構成されるハ長調のコードとぶつかってしまうのは鍵盤のレイアウトからも明らかです。

ドソレラミシは属音を辿ると現れる音たちで、属和音=ドミナントには支配的なという
意味が含まれます。
支配的な立場にいる音だから自由にフレーズを組み立ててもOKなのかと納得しました。


ピアノ鍵盤の白鍵のレイアウトというのは、ファ以外は全て属音系の音で構成されているのです。
ファがあることによって、シ~ファの音程が白鍵上で唯一の減五度音程を成します。
ファの存在がトニックへ戻りたい欲求を産み出していると考えられます。

故に、属音[ソ]と下属音[ファ]の存在が非常に意味があるように思えます。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/369-fa85a684

0件のトラックバック

2件のコメント

[C841] 「ソ」は好きな音程です。

失礼いたします。
そういえば私が小さいころは音程の中で「ファ」が一番嫌いで「ソ」が大好きでした。^^
宣伝的で恐縮なのですが、私のブログの最新記事で「15平均率」を紹介しております。その中でも「ソ」の存在感が強い印象が見受けられます。「ファ」に比べまして「ソ」と認識できる音程の範囲が広いのかもしれません・・・。

[C842] ===kumaNo.362さんへ===

15平均律ですか、面白そうですね。

ドから属音を辿るとド→ソ→レ→ラ→ミというペンタトックが
現れるのも言うまでもありません。

この辺りに協和音程の謎が隠れている気がします。
  • 2010-01-28
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索