旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/395-714be065

-件のトラックバック

-件のコメント

[C893]

文面からでは状況把握に限界がありますが、顔面を強く打っているのと、かなりの出血をしている以上は、骨折や頭部の影響が無きにしもあらずですね。むやみに体を動かすのは禁物です。おばあさんは世間体を気にして救急車を拒否したのでしょう。私ならおばあさんを説得しながら呼びますね。お爺さんの方は今まで他人任せで生きてきたのでしょうかね。
  • 2010-03-19
  • kumaNo.362
  • URL
  • 編集

[C894] ===kumaNo.362さんへ===

身体を動かすのは本人の意思なのでどうしようもない部分で、
出血は鼻を打ったようで鼻血です。禁物なのはもちろん承知ですが、
僕が動かしたわけではありませんので、そこはお間違え無く。

kumaさんなら説得出来るかもしれませんが、
もしそれでも説得できなかったら、どうします?

貧しいか弱いお婆さんを想像されているのではないかと思いますが、
高級マンションに住む頑固なお金持ちのおばさん、と言えば、
イメージ伝わるでしょうか。何言っても耳をかさない感じです。

世間体もあるかもしれませんが、何かお医者さんにかかれない事情が
あったのかもしれません。宗教上の理由などで。

救急車呼んでしまって、「なんで呼んだんだ」って怒られる
ケースも結構あるそうです。

僕が言いたいのは、助けた方が良いと思える状況でも、
自分が思っているように動けないことがある、ということです。

放っておくわけにもいかないし、難しいと思いました。

ちなみに、我が家とこの高級マンションと、突っ立っていた男性の家は、同じ並びにあります。
どういう人が住んでるんだろうと思っていた高級マンションに潜入したのは初めてでした。

  • 2010-03-19
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クリーニング

CIMG5808.jpg

先日、起きたことです。
先日、知人とランチの待ち合わせをしていて、現地集合ということで、
家を出て歩いていたら、目の前で50代半ば~60代くらいのご婦人が倒れました。

隣にご主人のような男性がボーっと立ってます。

慌てて駆け寄って「大丈夫ですか?」とご婦人に声をかけると、
顔面を強打して血だらけで、言葉がハッキリ聞き取れません。

脳梗塞かもしれない、と思って動かしたらいけないと、救急車を呼ぼうとしたら、
ご婦人が「やめてくらさい」と。(滑舌がヒドい状態なので)
顔面から血が止まらずにポタポタ落ちてきます。

僕「でも明らかに状態がヤバいですよ、救急車を呼びます」
ご夫人「やめてくらさい」

隣にいる男性に「旦那さんですか?」と尋ねると「違います」と言って、
何をするでもなく、突っ立ってます。。。

こんなやり取りを繰り返しているうちに、ご夫人がなんとか立ち上がって歩き出したのです。
近所のスーパーで買ったであろう魚などが入ったポリ袋を放置していましたので、
僕はそれを持って後をついて行きました。

どうやら家が歩いて50メートルもない場所ということですが、
案の定、途中から歩けなくなって、結局、肩を貸してあげました。
どんどんヨロヨロしていくので、最終的には肩を貸すどころか、
僕にガッツリ体重かけて歩いてました。。。この間にも流血は止まらないし
「救急車呼びますよ」「やめてくらさい」のやり取りは繰り返されてます。

なんとか、ご夫人のマンションへ辿り着き、異変に気づいた住民女性が「どうしました?」と
声をかけて下さったので、「かくかくしかじかで」と話して、引き継いでもらいました。

後で分かったのは、突っ立っていた男性は、ご夫人が倒れた場所のすぐ目の前の家の人で、
だとしたらタオルを持ってくるとか、ガレージに女性を横にさせてあげるとか、
何らかの対処が一番できる人だったわけです。なのにボーっと突っ立ってるというのは、
全く解せません。家の前の道路が血だらけなのに、掃除もせずに放置していたし。。。


そんなわけで、クリーニングに出していた血だらけのジャケットが返ってきました。
その時以来、ご夫人には会っていませんが、大丈夫であることを願ってます。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/395-714be065

0件のトラックバック

2件のコメント

[C893]

文面からでは状況把握に限界がありますが、顔面を強く打っているのと、かなりの出血をしている以上は、骨折や頭部の影響が無きにしもあらずですね。むやみに体を動かすのは禁物です。おばあさんは世間体を気にして救急車を拒否したのでしょう。私ならおばあさんを説得しながら呼びますね。お爺さんの方は今まで他人任せで生きてきたのでしょうかね。
  • 2010-03-19
  • kumaNo.362
  • URL
  • 編集

[C894] ===kumaNo.362さんへ===

身体を動かすのは本人の意思なのでどうしようもない部分で、
出血は鼻を打ったようで鼻血です。禁物なのはもちろん承知ですが、
僕が動かしたわけではありませんので、そこはお間違え無く。

kumaさんなら説得出来るかもしれませんが、
もしそれでも説得できなかったら、どうします?

貧しいか弱いお婆さんを想像されているのではないかと思いますが、
高級マンションに住む頑固なお金持ちのおばさん、と言えば、
イメージ伝わるでしょうか。何言っても耳をかさない感じです。

世間体もあるかもしれませんが、何かお医者さんにかかれない事情が
あったのかもしれません。宗教上の理由などで。

救急車呼んでしまって、「なんで呼んだんだ」って怒られる
ケースも結構あるそうです。

僕が言いたいのは、助けた方が良いと思える状況でも、
自分が思っているように動けないことがある、ということです。

放っておくわけにもいかないし、難しいと思いました。

ちなみに、我が家とこの高級マンションと、突っ立っていた男性の家は、同じ並びにあります。
どういう人が住んでるんだろうと思っていた高級マンションに潜入したのは初めてでした。

  • 2010-03-19
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。