旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

ツイッター・プロフィール画像変更



五丈岩に変更しました。標高3000m近い場所に、このフォルムですからね。
初めて見た時には、めちゃめちゃ感動しました。

「なんでここにこんなものが??」っていうのに、
とてつもなくロマンを感じます。なかでもオバレ石には本当に驚かされる。
全く有名ではないけれど日本にもこんな場所があるんだって。ただただロマンですね。
それを見たくてついつい山登ってしまう。

「なんでここにこんなものが??」

先日、オルメカ展を見ましたが、学者の説って何でああなんでしょうね。
人頭巨石像は「当時の首長をモデルに」って言うのは誰でも想像できる話で、
実際に見てきた嫁さんは、遺跡を作った道具もないわけだし不思議としか言いようがないっと。
人間の視点で見たら理解できない。かと言って宇宙人が作ったとは思いませんが。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/472-421cdbf2

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1144]

こんなところがあるのですか!
知りませんでした。

世界にもいっぱい面白いものありますよね・・
まだ自分は外国に足を運んだことがないですから一度行ってみたいです><

でも日本にもこんなに面白い場所があったのならほかにもありそうなので、まずはそこから行ってみようかなとか思ったりもできました。
もしかしたら本当に宇宙人が・・・・
  • 2010-12-05
  • dejideji
  • URL
  • 編集

[C1145] ===dejidejiさんへ===

オバレ石、不思議ですよね。
↓人が乗っているのを見ると大きさがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=uSnoue6MnYQ&feature=related

すんごいデカイです。。。

御在所岳といって、それほど高くはない山ですが、中腹の標高1000m付近に
突然存在する長方形の岩です。2つの岩が平行に「おんぶ」した形で存在します。

こういう不思議な存在に、実際に触れてみることで、
何かが分かるような気がするんです。

ポンペイの遺跡、パエストゥムの神殿、コロッセオ、カラカラ浴場、ピラミッド
五丈岩もオバレ石も、共通点はすべて巨石で出来ている点です。

dejidejiさんの投稿曲、もの凄く感動しましたよ。正直、驚いてます。
アラフォーおじさんは、若い人たちが羽ばたけるよう応援しています。
  • 2010-12-05
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

[C1146]

Hiroshiさん、こんにちは。(^0^)/
ストーンヘンジ的なものを感じますね。

ただ、ストーンヘンジと比べてみると
「何でこんな山の上に?」という面で
やはり疑問が残りますよね。

それにしてもいい天気の写真ですね。
綺麗な青空と日差しで
岩が余計に際立って見えます。

昨日はいい天気で東京タワーも際立って見えました。
神聖なものではない、鉄の人工物ですが。(笑)
  • 2010-12-05
  • Runbird
  • URL
  • 編集

[C1147] ===Runbirdさんへ===

>ストーンヘンジ的なものを

そうですよね。
五丈岩、オバレ石、ストーンヘンジ、すべて長方形のフォルムですね。

そういえば、映画「2010年 宇宙の旅」のモノリスも長方形ですね。

自然界というのは、基本的に曲線がベースとなっていますから、
なかなか正確な直線を、自然の中で見ることが難しいわけです。なので、
すごい山奥で、オバレ石のような綺麗な直線的なラインがあるだけで???
っと不思議に思ってしまいます。

http://www.youtube.com/watch?v=qIlRTT6q5ZA&feature=related

>鉄の人工物

今日、車で走っていて511mを超えたと言う鉄の人工物が見えました。
遠くから見てもゴツイ印象でした。
  • 2010-12-05
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索