旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

Cavalleria Rusticana

[タビノオト] Cavalleria Rusticana



CIMG08240.jpg
これ、どうですかね?

コード作曲講座EXのデモとして作っています。

波形編集し過ぎって噂もありますが、よく知られている曲なので、
わりと乱暴なアレンジにしてみました。

多重構造の音楽を作ること、って楽しいです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/482-1b4e4184

0件のトラックバック

6件のコメント

[C1205]

ラジオから流れている曲を錯覚しますね><
こういう曲調はじめて聞きました。。。
ジャンルは何になるんでしょう(笑)

波形編集でここまでできるとは思っていませんでした。
何回聞いてもあきないっす・・・
てかこういう波形編集の発想が出てこないです。普通(笑)
波形編集、あまり自分、得意分野じゃないのでもっと練習したいなぁ・・・
コツとかありますか・・?もう慣れですかね・・(笑)

[C1206] ===dejidejiさんへ===

この記事、書いたばかりなのに、即コメントありがとうございます!

波形編集のコツはどうなんでしょう?
ひたすら「多重構造」の音を目指して作っています。

ジャンルはクラッシックとヒップホップの融合です。

僕が足した音だけ聞いたら、ヒップホップに聞こえちゃうんですよ。
その辺をDTMマガジンでは解説致します。

これはオケのパートをですね、先に打ち込んで、きちんとミックスしたものを
オーディオに書き換えて、その上にヒップホップの音をのっけています。

イントロに関してですが、
この曲はF調なので、右側にいるDm調のヒップホップ素材は馴染みが良いです。
左側にいるのはAm調なのですが、たまたまコードがAmの部分がイントロ後半に
ありますので、そこで音量を上げています。これらは微妙にテンポが違う素材です。

っで、これらDmとAmのヒップホップ素材を使って、後半 展開前のキメを
行っています。このキメをやるために、これらの素材をイントロから配置しています。

後半のオケ・トラックの遊びは、サンプラーに読み込んで、
ピッチベンドを使って、スクラッチのように聞かせているだけです。
ぜんぜん難しいことやってないんですよ。
ただ、時間のかかる面倒なことを、今日はここまで、明日はここまで、
みたいに決めて、少しずつ詰めて行きました。

そうそう、でじでじさんの新曲、良いですね。ボカロ曲。
良いメロディが書けてるし、なかなかクオリティが安定していると思いますよ。

  • 2011-02-06
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

[C1207] ラップの使いどころ

ヒロシさん、こんにちは。

ラップは面白いので使いたいところですが、打楽器でもコーラスでもないので、何とも使いにくい感じがあります。随所々々にちりばめるぐらいでしょうか?
  • 2011-02-06
  • kumaNo.362
  • URL
  • 編集

[C1208] ===kumaNo.362さんへ===

そうですね、散りばめる感じでも、フィーチャーしても
良いのではないでしょうか。使いづらいですよねーー。

自分で歌っちゃうという手もありますよ、笑。
僕は出来ませんが。。。
  • 2011-02-06
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

[C1211]

拝聴させて頂きました。
まるで映画の中にいるような雑踏感かと思いきや、そのフィルムが絡まったようなスクラッチが入り、倒錯的でもあり、多重構造の音楽に、このようなイマジネーションをかき立てられる効果もあるのだと、とても楽しく聴かせて頂きました。
旅に多く行かれてる事も感じられました。ありがとうございます。

[C1212] ===sakagenさんへ===

ありがとうございます!

今、久しぶりに聞き返してみますと、
直したい部分が山盛りですね。。。

最近の音楽は、1曲に仕上げて終わり、でなく、
出来上がった曲をまた素材として使う、という
DJ的な手法までやらないと、なかなか満足いくものに
仕上がらないのが、大変です。。。

アプローチが無限にありますので、
その選択によっても、仕上がりが変わってしまう、
そこが面白いところでもあるんでしょうね。

お子さんの風邪は心配になりますよね。
ウチも最初に風邪ひいた時はオロオロしてしまいましたが、
最近はようやく慣れて「ああ、また風邪か」、
くらいになって来ました。子供達は病気になって、それを乗り越えて、
強くなるんでしょうね。早く良くなりますように!
  • 2011-02-15
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索