旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

インプラスの工事



今日が施工日でした。業者さんが来て、インプラスをこの部屋まで
運んだ所で「サイズが合わない」ということがわかり。。。
当方は職人の家に産まれ育ちましたので、
前日に下見して寸法計るのは当たり前で、搬入してから合わないってのは
どうなんでしょうね。。。サイズが合うものが届いても、なんか心配です。

業者さん「運ぶ前に寸法を計ればよかったな」って。。。
きょうびエアコン屋さんだって、きちんと下見に来ますけどね。
インプラスは需要が少ないから、下見しないのかな?

一日丸つぶれ、、、お互い不毛な時間を過ごしました。。。

っというのも、今日、上手く付いたなら、友達のエンジニアさん呼んで、
部屋を診てもらって、この先のプランを練るはずでした。
試してみたい吸音材があるので、はやる気持ちがあります。

業者さんが帰ってから、元通り。



ミキサーとオーディオ・インターフェースdigi002の結線ですが、
digi002のアナログ・アウト(8ch)とオプティカル・アウト(ADAT 8ch)をミキサーに繋いで、
ミキサーのコアキシャル・アウトをdigi002に戻しています。
これで、パラアウトしたものをミキサーでミックスしてDAWのトラックに録音できます。

アナログ・アウトとオプティカル・アウト(デジタル)は、やはりアナログの方が
ブリブリした音になりますので、使い分けています。
パッドなど遠くに居て良い音はオプティカル・アウト、
キックはアナログ・アウトという具合に使い分けています。
キックをミキサーの1chに送ったら、ベースは2chのように分けて行きます。
多くのアウトプットがあるオーディオ・インターフェースを使うことで、
ミキサーのチャンネルを上手く利用できます。

音の分離が悪いとか、歪んでいるという人は、アウトプットが2chしかない
オーディオ・インターフェースを使っていたりします。
水をバケツに入れ過ぎたら溢れるのと一緒で、
同じチャンネルにたくさんの音を詰め込めば、そりゃ音が割れちゃいますよね。
バケツ(チャンネル)は、たくさんあった方が良いわけです。

------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------ ------

まあ今日は、掃除が出来たのだけは良かったです。赤いグローブはホームセンター「ユニディ」に
あったんですが、グリップが素晴らしく、電子ピアノを縦にして持ってもズリ落ちないです。
グリップ良すぎて、置く時に指が抜けないほどです。。。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/518-cd007b2c

0件のトラックバック

6件のコメント

[C1291] おはようございます

お早うございます。
ご無沙汰しておりました。

インプラス残念でしたね。お客さんに無駄な時間をとらせるのは、損失を与えることだと思うんですけどね、業者さんにしても損失でしょうし・・・

とろこで、私もIKEAのGARANT使っております。スペースがなくて幅1200mmの長方形のものですが・・・L字のもの、すごく便利そうですね~

オーディオインターフェースもかっこいいです。今はYAMAHAのAUDIOGRAM6なので、見た目はちっちゃなミキサー風なのですがアウトは2チャンネルでした・・・
その前にモニタースピーカーへのケーブルがものすごく適当なので(電子ドラムの信号線用のものを流用)何とかしたいところなのですが(お勧めのモノありますでしょうか?)MacProを導入し、まだまだ使いこなせてない状況なので、徐々にやってこうと思っています。

また、ご自宅のスタジオのご紹介お願いいたします。
(私、結局機械好きなのかもしれません・・・とふと自分で思いました)
  • 2011-05-14
  • Stainway
  • URL
  • 編集

[C1292] 大変だ。

困り者ですね。^^;寸法測らないのはエンジニア失格ですよね・・・。
また業者さんが来る頃に、またどかさないといけないのですよね?かといって、どかしたままではお仕事になりませんでしょうし・・・。
今の吸音材は昔と違って材質が異なり、フラットでも仕様を満たすのかもしれません。
尖りまくっていますと、その分お部屋のスペースを削る羽目にもなりますし。
  • 2011-05-14
  • kumaNo.362
  • URL
  • 編集

[C1295] ===Stainwayさんへ===

KEAのGARANT、使われてるのですか!
この机は足の長さも自由に調節できるので良いですよね。
L字は部屋の大きさの割には、少し欲をかき過ぎたようで、
増設した部分を撤去するかもしれません。

>アウトは2チャンネルでした

そうでしたか、ぜんぜん音を聴かせて頂いてアウト2チャンネルとは思いませんでした。
いつも上手くミックスされておられますね。

このdigi002の後継機種である003がすんごい安く売ってます。
http://www.e-trend.co.jp/av/141/1536/product_193382.html

ProToolsLEも動きますし、アナログ8アウト、デジタル10アウトありますので、
インターフェースで迷っておられる方にはおススメです。MIDI端子もありますし
これだけで本格的な作業ができるのは、Logicより良いかもしれませんね。

>モニタースピーカーへのケーブルがものすごく適当なので

自分も適当です。笑
音を出して録音するまでのと結線は、そこそこ良いケーブル使ってますが、
スピーカーケーブルはどこでも入手出来るカナレのケーブルです。じつは、
ヘッドフォンに重きをおいている部分がありまして、ミックスもある程度は
ヘッドフォン頼みなところがあります。オーディオテクニカの限定生産モデルです。
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-w10ltd.html

このヘッドフォンとは10年近い付き合いなので、スピーカーでは重低音のバランスを
つかむ程度に使用して、あとはヘッドフォンでの聴こえ方を信頼しています。
このヘッドフォンがあるから、どこに引っ越ししてもなんとかなるという気分もあります。

昔は秋葉原のヤマギワと石丸電機でヘッドフォンを聴き比べられるスペースが
きちんとあったのですが、今はそういうことしようとしても、お店が展示してなくて
なかなか難しいですね。。。たくさんの製品を聴き比べてみた中での選択でした。

モニターケーブルから話が逸れてしまいましたが、
どこにプライオリティを置くのかで、色々と選択が変わってくると思います。
自分自身ケーブルに関してまだ勉強中ですので、何かわかったらご連絡致します!

>MacPro

羨ましいです。まだG5 Quadなもので、先日SATA3のHHDが対応していなくて
ガックリきました。。。しかし、PCI Expressカードでなんとか動かそうと
頑張ってチャレンジしてみます!
  • 2011-05-15
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

[C1296] ===kumaNo.362さんへ===

そうですよね、また業者さんが来れば、撤去することになります。。

>尖りまくっていますと、その分お部屋のスペースを削る羽目に

そうなんですよね、色々と検討してみます!
  • 2011-05-15
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

[C1303] digi003

このお店のdigi003安いですね~(17万くらいのお店もあるみたいですが)
パラで出して、ミキサーで2chに戻すんですね・・・コンピューター内でのミキシングでは、単音で聞くと歪んでないのに、ミックスのときクリップして聞こえてどうやっても直らない時があって、その音色自体あきらめたりすることもありますが、もしかしたら、解決したりするのでしょうか?
そう思うと欲しくなりますが・・・

ミックスお褒めいただけて光栄です。私は基本はモニタースピーカーで行ってますが、かなり時間をかけていると思います。1時間もやると、判断つかなくなるので、間をおきながらやるようにしています。

IKEAのGARANTは、高さ自在に調整できるのは良いのですが、結構組み立て大変ではなかったですか?
私、こういったモノづくりの方は分野としては本職に近いのですが、かなり本気出さないと組み立てられなかったです・・・
キーボードの天板の高さとぴったりそろえて、モニター等を置き、広いテーブルとして使ってます。
  • 2011-05-19
  • Stainway
  • URL
  • 編集

[C1304] ===Stainwayさんへ===

>パラで出して、ミキサーで2chに戻すんですね

そうなんですよ。そしてまたPCに戻して録音するという形です。

>もしかしたら、解決したりするのでしょうか?

解決する可能性は高いと思います。

Logicで作ったものを、スタジオに持って行く段階でProToolsLEデータに書き換えます。
「全てのトラックをオーディオとして書き出す」コマンドでトラックのオーディオ化が
完了できますが、ProToolsLEに読み込むだけでも音が良くなります。

オーディオに変換する前は、色々なパラメータを駆使していますので、
Logicがオーバーワークになっているように感じます。なので、
書き出して、ProToolsLEにデータを移植するとMacの負担が減るのだと思います。

また、ProToolsLEはミックス専用に作られたソフトですし、
LogicはMIDI打ち込みを主体としたソフトですので、役割の違いもあるかもしれません。

>1時間もやると、判断つかなくなるので、

そうでしたか、かなり時間をかけてミックスされてるんですね。
やはり、作品と向き合う時間と作品のクオリティというのは比例するんですね。

>結構組み立て大変ではなかったですか?

めちゃめちゃ大変でした。。。ひっくり返したり、こんな狭い部屋で
よく1人で作れたなあと思います。パズルのような感覚でした。

足の調節が可能なのと、キーボードシェルフが付けられるので、
良いと思いました。ただ、モノを置いてしまうと足の調節が難しいのが、、、
機材バラしてから調節しないといけないのが大変ですね。

>広いテーブルとして

広くて使い勝手が良いですね。いままでは、自作の作業机を使っていたのですが、
あまりに耐久性とか考えずに作ってしまったので、「きしみ」や「たるみ」が出てしまい
引っ越しを機に買い替えてみました。

  • 2011-05-19
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索