旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

老婆心

僕はもう40超えてますので、なるべく酒を飲まないように過ごしています。
飲むと、殆どの場合、体調が悪くなり、一回飲んだだけで、
回復するまで数日かかることもあります。

これはもう身体が拒絶しているのだと、いい加減、気づきました。
実のところ、親戚の叔父の殆どが酒で亡くなってますので要注意です。
ウチのオヤジが五男ぼうですから、兄貴たちは皆お酒で身体を壊して
他界してしまって、オヤジもそろそろ自分の番かと気づいたようで、
最近はあまり飲まなくなってるようです。一度、脳梗塞起こしてから
反省したみたいです。

若い人の酒の飲み方で、気になることがあります。

飲み会が週に何度も続くような人は、
酒を飲む時間を、なぜもっと熱中できることに
注がないのか、という気持ちがあります。

「飲まなきゃやってられない」なんて人もいますが、
そういう人生にしているのは自分自身ではないでしょうか。
そこで「ふてぶてしく」なるのは筋違いです。

自分の経験から、20~30代はあっという間に過ぎて、
気がつけば、40代、、、なんて感じですから、
若い人は、酒に溺れること無く、自分の熱中できる何かに
夜を徹して打ち込んで欲しいと思います。

「酒を飲んだ方がはかどる」なんて芸術家もいるでしょうけれど、
たいてい、次の日シラフになって、作品を眺めるとガックリするはずです。
それよりも顕在意識をクリアーに保った方が作品のインスピレーションが
湧くでしょう。アルコールでラリッたインスピレーションよりも
雲や空を眺めて自然の中で湧いたインスピレーションの方が健康的です。
芸術家は良いインスピレーションが湧く状態に自分を保つ必要があります。

ホントに、人生はあっという間です。
あっという間に、自分も峠を登り終えたところです。

峠を登りきった時点で、振り返って、自分の人生に満足できるなら、
思う存分に、自由を貫いて良いでしょう。
そうでないなら、少し反省の機会をもうけないと、
気がつけば、40目前、なんてことになりかねないでしょう。

自分に厳しく生きることが大事ではないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/529-cb89e43b

0件のトラックバック

8件のコメント

[C1352]

お酒が飲めるようになる年齢まであと3年もない自分にはガツンとくる言葉です。

最近若者のお酒離れがあるってのを噂で聞きますが、いいことですよね!!
味のせいかな・・・?
とある時になったら、ふっとおいしく感じるって大人からよく聞きますがまだまだ理解できません(笑)
しないほうがいい気がしますが・・・

そろそろ僕は峠を登ろうとなっていますがお酒のせいで転げ落ないようにだけはしようと思います。

どの山(進路)に登ろうかはまだまったく決まってませんけど(笑)

どの山に登っても満足できるようにしたいですね・・・
  • 2011-07-21
  • でじでじ
  • URL
  • 編集

[C1358] ===でじでじさんへ===

メール返信忘れていたのを思い出しました。スミマセン!

>最近若者のお酒離れがあるってのを

聞いたことがあります。そうみたいですね。

>しないほうがいい気がしますが・・・

ご自分で満足できる人生であれば、ぜんぜん胸を張っちゃって
良いと思うんですよ、何をしていても。
だけど、傍目から、それほど望んでいるように人生が進んでいなくて、
熱中できることよりも、飲んだくれてしまうのでは、
もったいないなあって、思うことがあります。

そういう人に限って、飲むことを非常に肯定的に、
「何が悪い」みたいな態度を取ってしまいがちで、
海老蔵事件がすべてを物語っていることに目を向けようともしません。
後悔先に立たずってやつです。

持って産まれた才能を活かすもコロすも自分次第です。
できれば、せっかくの才能を輝かせたい。
それには日々、磨き続けることが大切ではないでしょうか。

>どの山に登っても満足できるようにしたい
ホントですね。
でじでじさんは大丈夫ですよ。
これだけ熱心に作曲の質問のメールくださいますから。笑
いや、ホントに感心しているんですよ。
自分の技術を磨こうと努力されているその姿勢に。

ではでは、後ほどメールいたします!
  • 2011-07-21
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

[C1360]

いや~、耳が痛いです^^;
飲み会で酒を飲むのはあまり好きじゃないんですが
家では飲んでしまいますねぇ。
たくさんではないですけど。
酔いたくて、とかそういうヤケ酒的なのはまず無いので
「飲んだくれ」には至っていないと信じたいですが・・・^^;


>峠を登りきった時点で、振り返って、
>自分の人生に満足できるなら、
あ~、こういうの30になるちょっと前に少し考えました。
転職しようとしていた時期なので
自分は何をしてきたんだろう、といろいろと。

で、その結果として新規に音楽を始めたりとか
逆にプレステなどを処分したりと
いろいろ動き始めて今に至りますね。
もうちょっと広く興味を持とうかな、というコンセプトで。

ジャンルを問わず勉強は学生時代並かそれ以上に
毎日やっていますが、
本当にこれでいいのだろうか、という疑問は
常に頭をよぎっています。
私自身の永遠の課題かもしれないですね。

>持って産まれた才能を活かすもコロすも自分次第です。
ですよね~。わかります。


文章、重くなっちゃってすいません!m(_ _ )m
  • 2011-07-22
  • Runbird
  • URL
  • 編集

[C1361] ===Runbirdさんへ===

ここでの「酒」というのは誘惑的なもののシンボリックな象徴で、
そういう誘惑に、脇目もふらず好きなことに邁進して
頂きたい、という気持ちがあります。

もちろん、これは自分への戒めが大前提の話です。
自分自身も、とうてい現状に満足できていませんから、
日々、努力をして乗り越えなきゃいけない課題が山積みです。

>30になるちょっと前に少し考えました。

ですよね、おそらく30になる辺りが一番考えちゃいますよね。

>で、その結果として新規に音楽を始めたりとか
>ジャンルを問わず勉強は学生時代並かそれ以上に

そうだったんですか。
たしかに自分も学生時代よりかは勉強してる気がします。
それこそ、飲んだくれて遊んでばかりでしたから。。。
↑っというわけで、やっぱり、若い時にもっと汗水流して勉強していれば、
って話に繋がっちゃうんですよね。笑

>私自身の永遠の課題かもしれないですね。
ホントに、自分もそう思います。ありがとうございました。

  • 2011-07-23
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

[C1363]

私は飲酒そのものについては否定も肯定もしないのですが、先生のご意見は示唆に富んでいますね。

思うに、酒宴が「手段」として機能しているのならば、それはそれで有効だと思っています。社会人になって、「お近づき」が出来る舞台は、酒宴が最も(対価・メンタル面含めての)コストが掛からないものだと思うので。

ただ、酒が「目的」になったとすれば、それは別の話ですね。私もそれは単なる浪費だと思います。時間も、勿論お金もです。

というわけで、私としては、酒が手段として機能していて、なおかつ飲酒が苦痛でないならば、断つ必要はないと思いますし、逆に酒が目的化するか、または飲酒が苦痛になったのならば、もっと自分を大事にする意味で、先生のおっしゃるように「自分に厳しく生きる」必要があると思うわけです。

「自分に厳しく」は、後で「自分に優しい」結果を生む…最近、それが分かってきました。30代半ばでやっと(笑)。
  • 2011-07-23
  • maruzoku
  • URL
  • 編集

[C1364] ===maruzokuさんへ===

ごもっともと思います。

>「自分に厳しく」は、後で「自分に優しい」結果を生む

深いお話ですね。ありがとうございます。
若い頃は色々なものに抵抗して反発してで
良いと思うんです。好きなものにまっしぐらであれば
ぜんぜん言うことありません。

酒、というのは、あくまでも誘惑的なものの象徴として話していますが、
だいたい酒にのまれちゃう人は、私生活においても
ずるずるとだらしない印象があります。

その場その場を楽しけりゃいい、そういう享楽的な生き方も
ひとつの選択ですが、やはり年とって振り返った時に後悔が
残るようでは、悲しいのではないかと、
そんなつもりで書いてみました。

結局、何処で何をどう頑張ってきたかが、今の自分に跳ね返ってきますので、
ストイックに生きるメリットは大いにあるかと思います。
  • 2011-07-23
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

[C1437] 同じく

亀レスですが。。(こちらではお久しぶりです)

非常に同感です。
私の部署自体飲み会が少ない事もあり、大量に酒を飲む機会は年数回で、自宅でも月数回だったせいか、飲み会の次の日は頭痛に悩まされる様になりました(^^;
飲み会で段々酒の量を押さえていき、現在ではビール1本位が限界となりました。

ノンアルコールビールを飲んでも酔っぱらいます(笑)

時が経つのは速いですね。ちーさん事コナっちゃんも、もう2歳数ヶ月ですよね。
イヤイヤ期の後は多分「どうして?」期が来るかと思います。
ウチの娘達は3歳がどうして?期で、何かと大変だった気がします(くれよんしんちゃん期ですね)

お風呂に関しては二人とも小学生低学年位まで一緒にはいってました。
  • 2011-10-14
  • ちち1号
  • URL
  • 編集

[C1440] ===ちち1号さんへ===

ツイッターではお世話になりました!

>ノンアルコールビールを飲んでも酔っぱらいます(笑)

ええっ!そうなんですか。
たしかに、匂いで酔っちゃいそうになりますね。

>イヤイヤ期の後は多分「どうして?」期が

そんなのがあるんですか!初耳です。
しかも、どうして?期の方が大変そうですね。。。
気の休まる暇がないってことですね。。。

>小学生低学年位まで一緒に

そうですか!たしか娘さん、お二人でしたよね。
ウチも入ってくれると嬉しいですが、友達の家は
3歳くらいで「パパ嫌!」ってなってます。。。





  • 2011-10-15
  • [++Hiroshi++]
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索