旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

Apogee Ensemble



ツイッターで書いたとおり、Apogee Ensembleがやってきました。

3日前の朝にG5に戻って作業しようと、ついうっかり全てのポートに機器を繋いでから
G5を起動してしまいました。

先日、USBメモリを繋いだまま起動したら、恐らく強い電流が流れたようで
壊れてしまったのですが、それを忘れて起動してしまいました。

その結果、Digi002を認識しなくなり。。。
「あー、やってもうた」っと思っても覆水盆にかえらず。。。

久しぶりに起動する時は、絶対にポートには何も挿さない状態で
一度起動した方がよいようです。

それで慌てて、中古のオーディオ・インターフェースを探して、
やはり、ADATとコアキシャルが付いていて、アナログ8イン8アウトが
良いかなと思い、RMEも検討しましたが、Macに最適化されているという
このApogee Ensembleに決めました。

下位機種の良い評判は、後輩君から聴いていたので、
Apogee上位版が悪いわけなかろうと踏んでみました。

音を聴き比べると、002よりも音の芯が感じられます。
ポテンシャルの高さを感じるわけですが、
002に慣れ過ぎているため、最初は違和感が強かったです。



結局、002は生きていて、firewireケーブルの途中に挟んでいた
このリピーターが壊れていただけでした。しかし、これが壊れなかったら、
おそらく002が死んでしまって、大変なことになっていたと思います。

このリピーターでfirewireケーブルを5+5=10mにして使っていました。
もう販売されていないようで、困りました。現状、5mで頑張ってます。


しかし、自分の意図とは全く違うところで、アップグレードを果たしてしまったのは、
心の奥底では、そうしたい部分もあったのかもしれないですね。
オーディオ・インターフェースが2台あると非常に作業がしやすいです。

korg1212、Digi001、Motu828、Digi002、そして
Apogee Ensembleという流れになりました。

これらのオーディオ・インターフェース売りそびれて、
全部まだ持ってるのが、どうかと思います。。。





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/540-5c8f290a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索