旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

音声番組というスタイル

なんで音声番組を作り出したのか、記憶を辿ってみると
高校時代まで戻ります。

高校は、まあ普通のサッカーの強い学校だったのですが、
自分は、なかなか学校の試験で思うような結果が出せず、
かなり勉強して10位以内に入れても1位はほど遠い感じでした。

そこで、英単語とか単純に記憶するものを手当たり次第
ラジカセに録音していったんです。録音する時に
友達にもらったスプリング・リバーブをつけたり、
ディレイをかけ録りして。。

昼間は単語の録音や、数式を解いたりして、
寝る時にテープを聴きながら寝るようにしました。

高校一年の時でした。中間か期末か忘れましたが、
その時のテストは、学年1位、トップをとれました。
そこから「やりゃあ出来る」なんて思ってしまったので、
ぜんぜん勉強しなくなりましたけど、、、。

ラジカセに録音するのが面倒だったのもあります。
パンチインも波形編集もできないし。。

でも、テープを作っている時は、ラジオ・ドラマでも
作っているような感覚がありました。
当時の音楽好きな人間の娯楽というのは、
間違いなくFMラジオでしたから、深夜に布団にもぐり込んで、
FMを聴きながら寝る、という少年時代でした。
ジェットストリームなんか聴きながら寝ると快眠できましたね。

っというわけで、自分の体験から、音声番組は
予想以上の効果を期待できると思っています。

テキストだけではなかなか伝わらない細かいニュアンスも
話し言葉であれば、伝わる気がします。

また、読むのが面倒な時、満員電車でテキストが開けない時、
それこそ寝る時でも、音声番組は聴くことができます。
音楽は専門用語が多いです。繰り返し聴くことで専門用語に
慣れていただきたい、という思いもあります。
(「習うより慣れろ」って諺がありますからね。)

自著に関する評価というのは、賛否両論あると思いますが、
賛同頂ける方が、たった独りでもおられるのであれば、
これからも音声番組にこだわっていきたいと思います。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/547-a5891fdf

0件のトラックバック

6件のコメント

[C1438]

ぼくは音声教材やチュートリアルビデオは倍速などで見ちゃう。効率優先で。
しかし、やはりミュージシャンの方は遊び心というか発想がすごいですねえ
リバーブやディレイをかけちゃうとは!
本、買わせていただきます!理解できるまで何度も聞くことになりそうですが。
ダイジェスト版も、よろしくお願いします。

[C1439] こんにちは

>倍速などで見ちゃう。効率優先で。

すごいですね!それこそスピードラーニングですね。

>リバーブやディレイを

まだ高校生でしたので、エフェクターだけでも
十分たのしめていた時代でした。
どちらかと言いますとディレイ・フェチなところがありまして。。

>ダイジェスト版も

わかりました、早急に準備致します。
校了を終えて、のんびりしちゃってました。
  • 2011-10-15
  • [++Hiroshi++]
  • URL
  • 編集

[C1441]

Hiroshiさん、こんにちは。
すいません、話を催促しちゃったみたいで。^^;
ありがとうございます。

>ラジカセに録音
カセットのウォークマン世代ですが
その発想、なかったですねぇ。

>学年1位
すごいですね。
私は数学一本に偏っていたので・・・^^;

>FMを聴きながら寝る
高校時代の日曜の昼寝はbayfm(78.0MHz)でした。

>専門用語に慣れていただきたい
最初、アルペジオとか全く分からなかったですよ。(笑)

繰り返しで慣れていく点は以前、
Amazonの評価で書かせてもらいましたが、
社会人になってからですね、この方法になったのは。
資格の勉強はホント、繰り返しですからね。

>話し言葉であれば、伝わる気がします
あと、すごく身近に感じます。(^_^)v

大容量のポータブルプレーヤーの時代に
見事にマッチしてますよね。素晴らしいです。

すいません、長くなりました。m(_ _)m
  • 2011-10-15
  • Runbird
  • URL
  • 編集

[C1443] 音声番組は毎日聴いてます

毎日の通勤時やジョギングするときにはiPodで音声番組聴いてます。コード進行やメロディーを日頃聴き込んでいるとテキストを読んだときの理解が速くなります。音声番組は作るのに手間暇がかかるとは思いますが、テキストの値打ちを倍増させると思います。

加えて、先生のお声はソフトなトーンなので、眠たいときでも心地よいです。ときどき入ってる「あ、もうできましたか!速いですね~!」のようなアソビも楽しいです。これからも音声番組をぜひぜひお願いします。

[C1444] ===Runbirdさんへ===

>話を催促しちゃったみたいで

いえいえ!とんでもありません。

>>学年1位
>すごいですね。

いえ、、、この後、ぜんぜん勉強しなくなっちゃって、
「慢心」が一番いけないと思いました。

そもそも、音楽をやりたかったのに、ブラバンもない
サッカーに力を入れているような学校を何故選んでしまったのかが
間違いの始まりだと思うのですが、そういう状況下で「音楽作りたい」
という欲求が培われたとは思います。

>私は数学一本に偏っていたので・・・

高校生くらいって自分が何が得意で、何をやりたいのかって
スゴく曖昧だと思うんですが、「数学」一本に絞れるとは
ご自身をよく理解されていたんでしょうね。
僕は結局、3浪して音楽の道へ進むことに。。。グダグダでした。。

>あと、すごく身近に感じます。
ありがとうございます!っていうか、現実的にもお住まい近いですよね。
前の家と比べて、ちょっと離れちゃったかもしれませんが、
ぜひ、そろそろカフェ実現しましょう!
  • 2011-10-17
  • [++Hiroshi++]
  • URL
  • 編集

[C1445] ===はるさんへ===

こんにちは、
>テキストを読んだときの理解が速くなります
そうですか、その辺りは当方、作り手なのもですから、
実感が全くないのですが、そういう効果があるのでしたら、
たいへん嬉しいです。

>アソビも楽しいです。
ありがとうございます!ついつい堅苦しくなってしまいがちですから、
なるべくボケれるところを探してボケていきたいと思います。笑

以前、頂いたアイデアを新刊には盛り込むことができました。
前作より使い易く仕上がったのは、はるさんのおかげです。
本当にありがとうございました。
  • 2011-10-17
  • [++Hiroshi++]
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索