旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/579-951867dd

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1524] 今年もよろしくです。

コード作曲法、編曲法ともに、日々発見があります。
道場のコメントもヒントが詰まっていて勉強になります。
僕は今年、三十代の最初の年ですが、いい音楽を作っていきたいです。

つくづく勉強はお金ではないと思いました。その人がどれだけそれを求めているのか? その人がどれだけ本気なのか? そういうことが問われるべきです。考えなくてはいけないわけです。ともすれば一回の飲み代より安い教材からでも、無限の可能性が開けるわけですから、大事なのは時間の使い方のような気もします。無駄なことももちろん必要だと思いますが。

今年もよろしくお願いします。
  • 2012-01-05
  • あつみゆういち
  • URL
  • 編集

[C1525] ===熱海雄一さんへ===

ありがとうございます!
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

>つくづく勉強はお金ではないと

ホントですね。
「高い授業料なのだから、素晴らしい内容である」というのも
思い込みであって、大学や専門学校で十分な授業が行われているか、
というのは、自分の経験からして意外と怪しいと思うんです。それは、
アマゾンの拙著レビューからも明らかです。
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A3FP7H8HR8PXDM/ref=cm_cr_dp_auth_rev?ie=UTF8&sort_by=MostRecentReview

>大事なのは時間の使い方のような気も

そうそう、そうです、まさに「時間の使い方」ですね。

今年で30歳とは、まだまだお若いですね。
年をとっていくごとに、音に深みが出てくるのではないでしょうか。
"味のある音"を出していきたいと思います。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

あけまして、おめでとうございます!

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

このニュース、興味深いですね。

バイオリン名器の音色、現代モノと大差なし?
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120104-OYT1T00304.htm
「このヴァイオリン、何千万もするんです」
なんて言っている演奏家が、可哀想になってしまう結果ですが、
これが現実なのでしょう。

手間ひまかけて手書きで作ったアニメーションが良いかと言えば、
必ずしもそうではなく、CGで作ったアニメが劣っているわけでは
ないでしょう。

何に重きを置くかで、評価というものは変わってしまうと思いますが、
単純なブラインドテストで、現代の安価なヴァイオリンが名器に勝るという
結果はとても面白いですね。

「高い楽器だから良い音をしている」というわけでなく、
「高い楽器だから良い音をしているはず」という思い込みが価値を産んでいたと
言うことでしょう。
人間の思い込み、特に古くから脈々と受け継がれた思い込みが、
いかに疑わしいものであるか、ではないでしょうか。

我々、音楽家は、自分が欲しい音を出せれば良いわけですから、
必ずしも高価な楽器の音が自分の希望どおりであるとは限りません。
打ち込みのピアノでもEQで質感を作れば、生演奏よりグッとくる
音楽が作れたりしますので、高価な楽器が必ずしも必要ではありません。

高価な楽器が必要でない → お金は必要ない

っということで、いつもの流れで「権力層批判」に突入しそうですが、
僕が本を書く理由も、高い学費を払って音楽の学校に通う必要って
どうなのかな?って思う部分が強いからです。

音大に通うことで人脈ができた点はメリットではありますが、
本に書いたことの90%は音大以外の活動で吸収したことばかりですし、
音楽の勉強を落ち着いてできたかというと、そうでもなかったです。
実際は、毎日飲んだくれて、バンドでギター弾いて、バイトして、
それの繰り返しの日々。。。

まあ、今となれば、そういう無駄にみえる時間も必要であったとは思いますが、
40代の自分が20代の頃に戻れるとしたら、もっとマジメに勉強したと思います。
つまり、20代のうちに吸収したかったことを本に書いているようなものです。

だから、色々な世代の読者さんがいて、もちろん嬉しいですが、
特に10代、20代の方々が、拙著を読んでくださることは、
嬉しいを通り越して、感慨深く思います。
自分がブレイクスルーするのに時間がかかったところを、
短時間で抜け出して、あとはオリジナリティの探求に使って欲しいです。
そういう想いを拙著に込めています。

↓こういうニュースを読むと尚更、その想いが強くなります。

大学の学費が無駄に高過ぎる

学生を集めて太りまくるヌルマ湯


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/579-951867dd

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1524] 今年もよろしくです。

コード作曲法、編曲法ともに、日々発見があります。
道場のコメントもヒントが詰まっていて勉強になります。
僕は今年、三十代の最初の年ですが、いい音楽を作っていきたいです。

つくづく勉強はお金ではないと思いました。その人がどれだけそれを求めているのか? その人がどれだけ本気なのか? そういうことが問われるべきです。考えなくてはいけないわけです。ともすれば一回の飲み代より安い教材からでも、無限の可能性が開けるわけですから、大事なのは時間の使い方のような気もします。無駄なことももちろん必要だと思いますが。

今年もよろしくお願いします。
  • 2012-01-05
  • あつみゆういち
  • URL
  • 編集

[C1525] ===熱海雄一さんへ===

ありがとうございます!
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

>つくづく勉強はお金ではないと

ホントですね。
「高い授業料なのだから、素晴らしい内容である」というのも
思い込みであって、大学や専門学校で十分な授業が行われているか、
というのは、自分の経験からして意外と怪しいと思うんです。それは、
アマゾンの拙著レビューからも明らかです。
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A3FP7H8HR8PXDM/ref=cm_cr_dp_auth_rev?ie=UTF8&sort_by=MostRecentReview

>大事なのは時間の使い方のような気も

そうそう、そうです、まさに「時間の使い方」ですね。

今年で30歳とは、まだまだお若いですね。
年をとっていくごとに、音に深みが出てくるのではないでしょうか。
"味のある音"を出していきたいと思います。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。