旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

西沢渓谷 2 [タビノオト] キュートなボーカリスト

西沢渓谷の続きです。西沢渓谷 1へはこちら

この道の左側に川、右側が山の斜面です。青いのが見えてきましたね。


[タビノオト] 西沢渓谷 滝の音


















少し急な鎖場もあります。





水が滴る岩肌に草が生えている!この草たちは横向いて生えているんです。








甌穴、巨大なポットホール

















[タビノオト] 西沢渓谷 七ツ釜五段の滝 1









[タビノオト] 西沢渓谷 七ツ釜五段の滝 2















下りはかつてトロッコが走っていたルート。所々レールが残っています。





キュートなボーカリスト 姿をみせて近づいてくれました。

[タビノオト] 西沢渓谷 小鳥





吊り橋でみた、あの山の名前は鶏冠山(トサカヤマ)でした。


10年前は親父と来て、ここで水を飲んだのを覚えています。
親父は70代で、山はもう登れないと、最近は寂しいこと言ってます。
若い頃はあまり自然を解せず、ただ親父の後について歩くだけでしたが、
親父が見せたかったものが、今になってわかる始末です。。。




















この辺りの湧き水はほのかに甘くて美味しい。水を奇麗にしてくれている山々に感謝。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/59-b8034fbc

0件のトラックバック

6件のコメント

[C10]

素敵な渓谷ですね。今暑いので、見ていて、爽やかになりました。
こういう中で、ずっとひんやり、ぼんやりして痛いです。
写真きれいです。ぽち、ぽち!!
  • 2008-07-04
  • アッキー&ナッキー
  • URL
  • 編集

[C11] トロッコの跡

音を集めながらの、ちょっとした旅?も、いいですね。

[C78] 沢の音・・良いですね!!!

西沢渓谷・・何度も行ってますが、こんな感じで山の音、沢の音を聞くと凄く新鮮です。足が治ったらまた沢登りへ行きたいな・・反対側に東釜ノ沢があり、甲武信ヶ岳へ突き上げます。ナメ滝が素晴らしいです。では、また。

[C79] ===shigeさん===

東釜ノ沢ってめちゃめちゃハードそうですね。自分は初心者なもので、shigeさんのような本格的な登山に憧れます。ぜひ、また色々教えて下さい。

[C1120]

Hiroshiさん、こんにちは。
某誌を見て、まだ見てない記事が
あるんだなぁと思ってやって参りました。
※過去記事へのコメントですいません。

この記事はすごくいいですね。
私はこのような水の音が大好きです。
ずっと聴いていたくなります。
(等々力渓谷の滝はさすがに規模が^^;)

私の父は60前半ですが
同じように「山はもう登れない」と言っています。
もう20数年ずっと登っていないので、
一から体を鍛えないといけないですしね。
結局父親とは「簡単な山歩き」はしても
一度も「山登り」はできなかったなぁと
やはり寂しく思います。
槍ヶ岳にでも一緒に登ってたら、
父親の、今まで見たことのないような一面が
見れたのかもしれないなぁ、と感じています。

山って楽しそうですね。
怖さも感じますが、少し興味がわいてきました。
  • 2010-11-08
  • Runbird
  • URL
  • 編集

[C1122] ===Runbirdさんへ===

無意識ながらも、人は親と言う存在に
色々なことを教わっているようですね。

なかなか若い頃には気付けなかったものですから、
年を重ねるのは良いことなんだと、最近は強く思います。

お父さん、まだ60代前半とはお若いですね。
ウチの親父はもう80目前です。
一時期、かなり衰えた感じがあった頃もありましたが、
自家製の野菜ジューズを毎日作って飲んでいて、
これがどうやら凄く良いみたいなんですよ。

最近、お医者さんに「60代に見える」と言われたそうです。
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/blog-entry-414.html

まあ、それでもキツい山登るのは無理かもしれませんが、
車やロープウエイでかなり高度稼げる山もありますので、
来年は親父とどこかの山にチャレンジしてみたいです。

「老い」というものを痛感している親ではありますが、
できることにチャレンジしてもらって、楽しい老後を過ごしてもらいたいものです。

>山って楽しそうですね。

ぜひぜひ。山に入ってしまうと、普段考えている下らない思考が通用しなくなりますので、
新たな自分の内面と向き合うことになります。これがなかなか面白いんです。
  • 2010-11-11
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索