旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

2種の微生物が電子やりとり

2種の微生物が電子やりとり

すごいですね。微生物が電子のやりとりを行えるなら、
われわれ人間はもっと多くの「見えない情報」をやりとり出来ることの
証明になるのではないでしょうか。

不倫をしている人がいたとします。その人の雰囲気から、
たいてい、周囲の人間は「怪しい」と感じるはずですが、
それは本人が「マズイなあ」って思っている想念が周りに放射されてる
からだと思うんです。まあ、想念ってものが、どういうものか
よく分かりませんが、電子のようなものがブワーっと出てるような、
なんとなくイメージ的には、こうかなと。

どうでもいい↑例え話ですね。。。(笑)

だけど、我々は言葉よりも、もっと優れた情報交換を行っていて、
相手の雰囲気とか態度によって、言葉以上の情報を読み取ることができます。

目に見えないような小さな生物が、目に見えないように小さな粒子で
連絡をとりあっている。マクロからミクロへの視点ですね。

原子にも思いがある

このような発見によって、人間の思いの力や、見えざる世界の謎が
少しずつ解明されていくのではないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/629-cdb2ae86

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1634]

それって、今の段階ではオーラとか呼ぶ類に入るんでしょうかね・・・

>相手の雰囲気とか態度によって、言葉以上の情報を読み取ることができます。
たしかに、読み取ることが苦手なひともいますが、この電子みたいなブワーってしたものが強い(多く出してる?)人ってなんだかわかりますよね。
しかも、そういう人は周りの人から一目置かれていたりとか。。。
自分もブワーッと出せるようになりたいです(笑)

[C1635] こんばんは

そうですね、オーラと言えるかもしれないですね。

オーラ、といえば、
知り合い(俳優)が「オーラの泉」という番組に出ていましたが、
インチキだと言ってました。「部屋に○○がたくさんあるよね」っと
化け物のような2人に尋ねられ「ないです」とは言えなかったそうです。。。
これは本人から聞いたので本当の話ですが、
絶対に公にはならないでしょう。メディアと言うものは大衆を簡単に操作して
しまうんですね。

オーラとか精神世界系の話は、どうも胡散臭いので
斜めに構えてしまう傾向があります。ビジネスとしては成立しているようですが
見えない世界を利用してお金儲けしている感は否めませんね。。。

さて、
マクロに見られる性質はミクロでも見られるはずであると思うんです。
自然倍音列がミクロで語られると音色であったり、ミッシング・ファンダメンタル
などの話ができ、マクロで語られるとコードの堆積に適応されます。

我々、人間の営みがマクロであるならば、ミクロな微生物にも思いがあって、
さらにミクロである原子にも思いがあるのかもしれません。
逆に人間をミクロに捉えれば、マクロである地球にも同じように意思があるの
かもしれません。想像力で、いろいろなことが紐解ける気がしますが、
実際に科学的な証明が成されるのは非常に興味深いことです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索