旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

先日、ツイッターで議論になった分数コードの表記について

先日、ツイッターで議論になった分数コードの表記について
ご説明いたします。

gakuten.jpg

譜面をご覧下さい。

ツイッターで、
ハ長調でDm/Bという表記を使うという話がでました。
これはBϕと同じコードですから、当方は普通に基本形である
Bϕで書いた方が良いとお話しました。

この譜面の3小節目でAm7が出てきますが、
これをC/Aと書くようなものです。
これはもちろん、書いてはいけないわけではありませんが、
同じコード構成音で基本形が存在するなら基本形で書いた方が
コードワークが分かりやすいと思うのです。

青い四角で囲んだコードネームだけ見て下さい。

C→Am7→FM7→Dm7|G7

となります。これだけでも成立していますね。
分かりやすいと思います。

Am7をC/Aとすると、

C→C/A→FM7→Dm7|G7

「なんだこのC/Aってコードは?」ってなりますよね。
つまり、こんな分かりにくい書き方をしてる状態なのです。
作曲の初期段階で、この書き方をされたら、きっと混乱するのでは
ないでしょうか?

そもそも、転回形を使うメリットってなんでしょう?

転回形を使うことで、ベースラインが滑らかに順次進行できる
わけで、それこそが転回形を使うメリットでありますが、
核となっているコードワークは、青い四角で囲んだコードであり、
2、4、6小節目の転回形は無くてもコードワークは成立します。

さて、転回形には、
コードの第三音がベースである第1転回形 (1転)
コードの第五音がベースである第2転回形 (2転)
コードの第七音がベースである第3転回形 (3転)
があります。

それでは、
コードの第九音(9th)、第十一音(11th)、第十三音(13th)、
いわゆるテンションは分母(ベース)になれるか?

第九音(9th)が分母になれるかというと
トニックCで考えると、第九音はレですから、
C/Dとなり、これはハ長調のコードというよりは、
ト長調のドミナントに聴こえます。
つまり、他調のコードになってしまいます。

第十一音(11th)が分母になれるかというと
トニックCで考えると、第十一音はファですから、
C/Fとなり、これはFM7に近い響きです。

第十三音(13th)が分母になれるかというと
トニックCで考えると、第十三音はラですから、
C/Aとなり、これはAm7そのものです。

つまり、9th、11th、13thなどいわゆるテンションが
分母(ベース)にくると、他調のコードに聴こえたり、基本形が
存在するコードになってしまうのです。

拙著では基本形が存在するコードは基本形で書くように統一しています。
それは上記の理由から「テンションはコードのベース音に成り得ない
というルールの元にコードネームを書いているのです。

結局、コードネームは誰かが整備しているわけでなく、
どのように書いても良いわけですが、書き方に「1本の筋をとおす」
ことには、こだわって行きたいと考えています。

Am7とC/Aという書き方、どちらがスラングかと言えば、
僕はC/Aはスラングだと思うんです。ギタリストには
C/Aって書いてOKって人も間違いなくいるでしょう。

皆さんが3小節目のコードをAm7でなくC/Aで書きたいというなら、
それはそれで自由ですから、良いと思います。
ただ、作曲の話をどのように噛み砕いて説明するか、という立場からしますと、
基本形があるなら基本形で書きたいというのが本音です。

なんでもかんでもOKにしてしまうと、物事の本質が見えにくくなります。
それは避けたい部分です。だから拙著では、
テンションは分数コードの分母になれない」という定義を設け、
それにしたがっているのです。
C/Aの分母[ラ]の音はトニックCからすれば、テンション13thですから、
分母には成れない、というわけです。

そもそも、コードネームの標準的な書き方というもの自体が、
存在しないわけで、みんなが自由勝手に書いているのがコード表記の現状です。
この現状を整えたい、という思いも働いています。
大それた思いですが、スタンダードで誰にでも分かりやすいコードの表記に
こだわって行きたいと思います。












スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/653-ca2496bc

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1678]

コード付け、このやり方で本当に助かっています!
進行がわかりやすくて理解しやすいのが僕みたいな初心者には本当にありがたいです。
いつの間にか聞くだけ楽典入門の表紙が決まっていたのですね!!!
可愛らしくて早く手に入れたいです><
  • 2012-10-12
  • でじでじ
  • URL
  • 編集

[C1679] ===でじでじさんへ===

そうなんですよ、表紙が決まりました。
よろしくお願いします!

[C1682]

分数コードって最初聞いた時は
全く弾き方や理由が分かりませんでした。
でもいろんな楽譜とか読んでみて
だいぶ分かるようになりましたね。

わざわざ分数コードにしてるのは
ベースラインをカッコよくするため、
なんて曲なんかは気づけた時にちょっと嬉しいです。(笑)
  • 2012-10-13
  • Runbird
  • URL
  • 編集

[C1689] ===Runbirdさんへ===

おお!いいですね。

分数コードは、なんか難しいと思われがちなようで、
ツイッターで書いたら非常にたくさんの反響ありました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索