旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/739-2e9b5edb

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1914]

Hiroshiさん、こんにちは。
マシンスペックが前より上がっているので
そろそろTrilianが買いたいなぁ、と思ってるところです。

>映像が出来上がってから、尺を調節する編集をしたり、

これ、大変そうですよね・・・
役者の言葉と音楽の盛り上がりがかぶってもいけないし、
長いからって中途半端に音を切ったら後味が悪いし・・・・

曲の長さの調整って現場でやるんですか?
それともHiroshiさんが映像データをもらって
自宅のスタジオでやるんですか?
  • 2013-12-15
  • Runbird
  • URL
  • 編集

[C1915] ===Runbirdさんへ===

こんばんは、Trilianオススメです!

>役者の言葉と音楽の盛り上がりがかぶってもいけないし、
>長いからって中途半端に音を切ったら後味が悪いし・・・・

まさに、そのとおりです。さまざまな条件をクリアして
1つの音楽が出来上がっていきます。

>曲の長さの調整って現場でやるんですか?

昔は、そういうことをやっていましたよ。。。
ネット環境が社会一般に整う以前、2000年以前は
現場での尺調整はありましたね。そもそも、
MIDIシーケンサーとマルチレコーダーをシンクさせて
1パートごと録音していたので、
当時は相当な時間がかかりました。。。
録音しながら、音色へのオーダーがあれば、
その都度、作りながら録音していく感じで。。。

今は、予め自宅で尺を調整した音楽をつくって、
転送して、クライアントに確認して頂いてから、
スタジオに入りますので、随分と楽になってます。
データも自宅でProToolsファイルを作って、
持っていきますので、2000年以前の大変だった時代が
嘘のようです。
  • 2013-12-16
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ミツカン味ぽん

豚シャキ鍋のブルース篇

http://www.mizkan.co.jp/products/tvcm/cid_detail_000132.html

アレンジを担当しました。

ドラムはStylus、ベースはTrilianを使用しています。

たしか夏頃から関わっていて、今年の後半はずっと
味ぽん作っていたような。。。
このタイプに決まるまで、何タイプかデモを作ったり
映像が出来上がってから、尺を調節する編集をしたり、
1つのCM音楽でも、色々とやることがあるんですよ。

そして最終的に1つのタイプに絞られ、
ようやくオンエア、という流れです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/739-2e9b5edb

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1914]

Hiroshiさん、こんにちは。
マシンスペックが前より上がっているので
そろそろTrilianが買いたいなぁ、と思ってるところです。

>映像が出来上がってから、尺を調節する編集をしたり、

これ、大変そうですよね・・・
役者の言葉と音楽の盛り上がりがかぶってもいけないし、
長いからって中途半端に音を切ったら後味が悪いし・・・・

曲の長さの調整って現場でやるんですか?
それともHiroshiさんが映像データをもらって
自宅のスタジオでやるんですか?
  • 2013-12-15
  • Runbird
  • URL
  • 編集

[C1915] ===Runbirdさんへ===

こんばんは、Trilianオススメです!

>役者の言葉と音楽の盛り上がりがかぶってもいけないし、
>長いからって中途半端に音を切ったら後味が悪いし・・・・

まさに、そのとおりです。さまざまな条件をクリアして
1つの音楽が出来上がっていきます。

>曲の長さの調整って現場でやるんですか?

昔は、そういうことをやっていましたよ。。。
ネット環境が社会一般に整う以前、2000年以前は
現場での尺調整はありましたね。そもそも、
MIDIシーケンサーとマルチレコーダーをシンクさせて
1パートごと録音していたので、
当時は相当な時間がかかりました。。。
録音しながら、音色へのオーダーがあれば、
その都度、作りながら録音していく感じで。。。

今は、予め自宅で尺を調整した音楽をつくって、
転送して、クライアントに確認して頂いてから、
スタジオに入りますので、随分と楽になってます。
データも自宅でProToolsファイルを作って、
持っていきますので、2000年以前の大変だった時代が
嘘のようです。
  • 2013-12-16
  • Hiroshi
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。