旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

コラム・作曲への道草「譜面で考える習慣」

menuet_bach.jpg


昨今、誰もがDAWシーケンサーを使うので、
譜面に弱い人もピアノロール画面を使えば、
作曲ができてしまいます。

ピアノロール画面では、お絵描き感覚で
音を編集できるので、自分も使うことが多いです。

しかし、正確に音の動きを把握するには、
ちょっと見にくく、スコア画面で、譜面にして
見た方が音の動きが分かりやすいです。
子供の頃から、譜面に慣れ親しんできた人に
とっては、特にそうでしょう。

音の全体像を把握するために
譜面は必要不可欠です。

譜面に強い人間は、書かれている音を、
楽器を使わずに、頭の中で正確に鳴らせます。
私も一応それができますが、複雑なハーモニーだと
ちょっと時間がかかります。。。

このバッハのメヌエットぐらいの曲であれば、
問題なく頭の中で音を鳴らせます。

作曲というのは、本来、楽器を使わなくても
出来ることなので、皆さんも、簡単な譜面をみて、
頭の中だけで音を鳴らせるように訓練してみると、
良いトレーニングになるでしょう。
音の動きを譜面で考えられるようになると、
間違った音の動きに
すぐに気づけるようになると思います。

っというわけで、自分も難しい譜面を眺めて、
悶絶したいと思います。(笑)










スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/860-f74fc196

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索