旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

SNSで「曲を聴いてください」という方がいらっしゃいますが、

TwitterやFacebookで「自作曲を聴いて下さい」
という方がいらっしゃいます。もちろん私は
「どうぞどうぞ、お聴かせ下さい」といって
聴かせて頂きます。そして、気になった点を
アドバイスします。

「ありがとうございました!」

って、もちろん言われますが、この後が問題で。
アドバイスに基づいて、修正しないのかな?
聴いてもらって安心しちゃうんでしょうか?
きちんと修正しないと成長しないと思うのですが。
直したのかどうなのか分からない状態なのに、

「また次の曲が出来たので聴いて下さい!」

って、おいおい、ちょっと待った(笑) 
おかしいでしょ、それは。。。
前の曲は仕上がったの???

「聴いて下さい」とお声がけ頂く読者さん
全員が全員、そうではありませんが、
上記のような方がいらっしゃるのが事実です。

っで、このような方は、どんどん問題が先送りと
なるので、いつまで経っても同じことを、私から
指摘されることになります。。。

その点、Skypeレッスンの生徒さんたちは、
こちらのアドバイスに基づいて、きちんと
ご自分で考え、修正してきてくれます。
宿題も忘れずに解いていますし。。。

生徒さんたちは、
「こういうことが、出来るようになりたい」
という具体的なビジョンを持って、
当Skypeレッスンを活用されていますので、
ご自分の間違いに気づいたら、すぐ修正して
自身の創作へと反映させようという姿勢を
きちんと持っておられます。

添削→修正→添削→修正のプロセスが重要で
「直す」のか「直さない」のか、
その姿勢によって、未来は確実に変わってくる
のではないでしょうか。

藤巻メソッドは「独学を支援する」目的で作って
いますが、双方向のコミュニケーションではなく、
私が一方的に話して学ぶツールとなっています。
つまり、読者さんの間違いを指摘することが
できませんね。。

一方通行というデメリットを克服できるのが
Skypeレッスンであり、生徒さんの希望にそった
完全にカスタマイズされたレッスンが、ようやく
展開できるようになりました。

ぜひ、独学で「直せない」「気づけない」という
方は、お気軽に門を叩いてみてください。

現在の生徒さんたちは、
○自作曲の添削をして欲しい    
○対位法を習得したい       
○メロディに伴奏や裏メロを付けたい
○音楽理論をきちんと理解したい  

という方々で、
自作曲の添削を希望される方が圧倒的に
多いです。自分自身では気づけなかった弱点を
克服し、更なるステップアップをして頂きたいと
思います。

ご本人が思っている弱点とは別のところに問題が
潜んでいたりします。誰かに指導を受けることに
よって、確実に成長することはできるでしょう。

Skypeレッスンお問い合わせはこちらから










スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sonicmovement.blog32.fc2.com/tb.php/869-747e7b74

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索