旅 で 出 逢 っ た  風 景
Portugal     BASQUE     FRANCE     ITALIA     JAPAN     TOP

Entries

藤巻メソッド/ツイッターやブログでのアフターフォロー

我々のように本を書く立場の人間は、ネット上で不本意なコメントがされることを重々承知してはおりますが、一方的な書き込みは非常に困ります。なぜならば、本書では「ブログなりツイッターなりいつでも質問してください」と音声番組で話していますし、実際にそのように読者さんから日々、ご質問を頂いております。込み入った内容であれば、メールでやり取りもしております。その際、折り返しのメールに譜面が必要であれば、PDFを...

さっそくのレビューありがとうございます。

アマゾンなど通販サイトにて、拙著へのレビューありがとうございます。...

なぜ新曲試唱は幹音で歌うべきか

ヒアノの白鍵「ドレミファソラシ」は幹音と呼ばれます。また、調号なしの五線譜に音を書くと幹音が鳴る仕組みになっています。つまり、幹音「ドレミファソラシ」の7音さえあれば音楽が作れることを前提に、ピアノの白鍵も五線譜もそのような仕様になっています。幹音以外の音は「派生音」と呼ばれます。つまり「まずドレミファソラシがありき」で、...

聴くだけ作曲入門 発売から2日目で増刷の連絡が!(誤植情報も)

発売からわずか二日目ですが、昼間に連絡がありまして、もう増刷するとのことでした。もし、誤植など不具合を発見された読者の皆さま、是非ともコメント欄に記して頂けるとありがたいです。現段階で以下のご報告を頂きました。p014 「誤」イラストのRa → 「正」Lap021 「誤」上から5〜6行目にかけて 変ハ長調 → 「正」変ト長調※↑上記、第2版で修正済みp020 「誤」譜例4-3 下属音が → 「正」導音がp023  最上段 譜例4-7 調整 ...

なぜ譜面や鍵盤楽器はハ長調が基準となっているのか?

楽譜は五線紙を使用して書くわけですが、明らかにハ長調が標準仕様となっています。調号や臨時記号が付かなければ、五線上のどの位置に音を配置してもハ長調の音が鳴ります。ピアノの鍵盤を眺めても、もっとも演奏しやすい白鍵の音がハ長調のドレミファソラシです。なぜ、ドを主音としたハ長調が基準となっているのか?...

アボイドノートが問題となるのは「短九度」を形成するため

アボイドノートで躓いてしまう作曲ビギナーさんが非常に多いので、ツイッターでの解説をまとめてみました。以下、ツイッターからの転載です。実際に鍵盤を押さえて響きを確認してみてください。...

コード編曲法  内容紹介ムービー

...

拙著に関する調査

拙著が、どのような状況で用いられているのか、調べてみたくなりました。...

「コード作曲法」をお読みになる前に

藤巻メソッドは独学で音楽を学ぼうとする方をサポートするために生み出された理論書です。お読み頂く順番として最適なのは、1.聴くだけ楽典入門2.聴くだけ音感入門3.聴くだけ作曲入門4.聴くだけスケール入門5.コード作曲法6.コード編曲法のように辿って頂くと、よろしいです。...

誤植情報、ご協力のお願い

拙著に関しまして、誤植を発見された読者の皆様、ぜひ、ご連絡いただけると助かります。...

聴くだけ音感入門

7/28発売です。早速にご予約いただきました皆様、ありがとうございました。...

五度堆積の実験

ある調性の七つの音のうち、下属音を最低音として、五度堆積の和音を作ると、全て「完全五度」の堆積になる。これが、コード4(サブドミナント)が最強である理由に繋がるのではないかと、睨んでます。...

♭11thや#13thという表記がないのはナゼ?

テンションの表記について考察してみました。カッコでは根音からの音程を半音換算しています。♭9th = 短九度(13半音)9th = 長九度(14半音)#9th = 増九度(15半音)11th = 完全11度(17半音)#11th = 増11度(18半音)♭13th = 短13度(20半音)13th = 長13度(21半音)...

新刊「聴くだけ楽典入門」

このたび、新刊「聴くだけ楽典入門」が発売されます。音符や休符、譜表について臨時記号と調号の違いさまざまな調性/調性の判断音程 和音と旋律の関係二声体の世界・対位法二声体の完成と三声体・四声体への拡張演奏記号のいろいろコードと非和声音について...

ミッシング・ファンダメンタル

ある音を鳴らして、基音よりも高次倍音が響くことはよくあります。ピアノの周波数スペクトルをみても、基音より倍音が響いていたりすることがありますので、日常的にそういう音は珍しくはありません。...

音声番組つき音楽理論書「藤巻メソッド」

当ブログへのご訪問、誠にありがとうございます。SKYPEレッスン・生徒さん募集中!!ヤマハから発売されている「藤巻メソッド」は音声番組での解説を聞きながら学べる新感覚の音楽理論書です。付属のDVD(CD)ロムには、解説のMP3、デモソングのMIDIデータやスコア、オーディオ・ファイル、場合によってはムービーも収録しています。さまざまなデータを活用し懇切丁寧に解説しているつもりではありますが、自力で紐解けない方々は当...

Appendix

プロフィール

[  Hiroshi  Fujimaki  ]

Author:[ Hiroshi Fujimaki ]
藤巻メソッドの藤巻浩です。
作品集はこちら

聴くだけ作曲入門

   拙著に関するご質問はHP
    SONIC MOVEMENT
 「CONTACT」メルアドをClick!

Twitter

ブログ内検索